SO EASY
簡単そうで難しいけれどもきっと楽しい英語の話
PROFILE
CATEGORIES
ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS


10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
省略大好き日本人と省略大好きアメリカ人。でもここが違う!
近頃の日本人は、つくづく省略語が好きなのだなと思います。日本語を省略、擬音語などは特にその対照となっておりますね。最近では英語を日本人向けに使って省略している傾向すら多くなってきているように感じております。
書き込みにレスしますーの「レス」は、英語のresponseの略ですし、エンタメとよく若い人などが言っているこれは「entertaiment」の略です。自主トレの「トレ」はtrainingの略ですし、他にも色々とあると思います。
日本人は言語を省略するのが本当に好きな国民だと思っています。その証拠に、会話の中には省略語でいっぱい。
例えばこういったものがあるでしょう。

昨日のテレビ見た?もう超面白かった

こうしてみるとそこまで違和感のない文章です。昨日見たテレビ(番組)が、とてもおもしろいものだったという風に語っています。しかしこれを英語に直すと、文章として成り立たないものになってしまうのです。

Watch the TV yesterday? So funny.

日本語での会話をそのまま英語に直してみました。
上記の英語は、会話という概念から考えたらとりあえず通じなくもないでしょうが、根本的に足りない単語がいくつかあるという事にお気づきでしょうか。
そうです、ところどころに主語や動詞がとれてなくなってしまっているのです。

日本語の最大の省略文章は、最近の流行語でもなく単語一つを省略したものでもなく、「主語や動詞をかなりの確率で使わない」というものではないかと私は考えています。
ちなみに英語ではまずありえません。

Watch the TV yesterday? So funny.

とは言わずに、

Did you watch the TV yesterday? It was so funny.

正確にはこう言います。
もっと掘り下げて言うと、TVというのはテレビ番組のどれを指しているのかが分からないので、通常の会話では〜チャンネルの〜番組などと更に具体的なタイトルを言うのがベストです。(それは日本語でも同じですね)



* * * * * *



あとは省略形とは少し意味合いが違ってきますが、日本人は自分の発言に対して相手がある程度次に出してくる会話を予測してくれると考える傾向がありますね。しかし英語圏の考え方では、あまりそういうのを期待することはできません。
例えばよくある例題として、

賢治幸子さん、僕どうしよう。ジュースを買おうと思ったらお金が・・・
幸子いいわよ、ジュース代くらい出してあげるから。

こういう風な会話ですと、賢治さんが幸子さんに何を言いたかったのかが何となく理解できますよね。しかし英語の場合ですと、恐らく幸子さんは賢治さんが何を言わんとしていたのかが理解出来なかったかもしれません。
意地悪に聞こえてしまうかもしれませんが、「お金が・・・」なに?という考えをするのがアメリカ人です。お金がないならないとはっきり言わなければ駄目。そういう一番重要な部分を省略するのはダメダメです。更に言うと、お金がないから何なの?と言われてしまうかもしれません。日本人の考えからすると、そのくらい察してあげればいいじゃないか、そこまで意地悪しなくてもいいだろうと文句を言いたくなるかもしれません。でも違います。決して悪気があるわけではなく、要求や希望など強い意志はちゃんと言葉で言わなければ理解しないと考えるのが、アメリカ人の意見なのですね。この辺はお国柄の問題なので、どちらが正しい/間違いだと判断することは勿論できません。ただ私個人の意見としては、アメリカ人のような考え方の方が好きです。

Kenji: Do you have a dollar? I forgot to bring my money.
Sachiko: Sure.

これがアメリカ人の言いそうな文句です。ジュースを買いたいと思っていたのに・・・というくだりは個人的な事なので、あえて言葉にはそこまで強調して出しません。一番言いたいことから言っていく。つまり、1ドル貸してくれる?お金を持ってくるの忘れてしまったんです。という雰囲気で言ったりする事が多いです。
この場合勝手に1ドルと例文に出してしまいましたが、ジュース代を考えると1ドルくらいが妥当なのかなと思ったので(本当はもう少し安いけれども)、この金額にしてみました。
ちなみにアメリカ人がお金(額の少ない)を貸してと言ってきたら、8割がたそのお金は戻ってこないと考えた方がいいです。多少の額(25セント〜2ドル前後くらい)ならば、貸して=ちょうだいという考え方なので。(笑
貸したくない場合は、嫌ですとはっきり言うよりも、むしろ今自分も持っていないと断るのが一番無難ですよ。



* * * * * *



それでは、米国英語においてよく省略される言葉はなんでしょうか。色々とありますが、一般的なものを挙げるとit's、don't・・・などありますよね。
よく使われている省略語の一部を、下記に載せておきます。

I'm - I am
you're - you are
he's - he is
she's - she is
it's - it is
don't - do not
doesn't - does not
wouldn't - would not
can't - can not (cannot)
gonna - going to
wanna - want to
what's - what is
cuz'- because


省略とはまた別に、ある単語を他の言葉に置き換えて会話を繋げいく方法が、英語圏では大変多く使われています。日本語で言うとつい連続して使ってしまう言葉、それと米国英語を比較して例文を出してみます。


(日本語訳)

賢治: 先週さ、幸子から“ラブストーリー”って本を借りたんだけど、これがまた凄くつまらない本だったんだ。
理沙: え、本当?それって幸子が好きな本だって聞いたけど。
賢治: ああ、知ってるさ。だから今僕が言ったことは、幸子には黙っておいてね。


(英語訳)

Kenji: I borrowed the book, named "Love Story", from Sachiko last week. But that was so boring.
Lisa: Really? I heard that's her favorite one.
Kenji: I know. So don't tell her, which I said.


日本語訳と英語訳を比べてみて、小さな違いに気がつくでしょうか。注目する点は、下記の部分です。


(日本語訳)

賢治: 先週さ、幸子から“ラブストーリー”って本を借りたんだけど、これがまた凄くつまらないだったんだ。
理沙: え、本当?それって幸子が好きなだって聞いたけど。
賢治: ああ、知ってるさ。だから今僕が言ったことは、幸子には黙っておいてね。


(英語訳)

Kenji: I borrowed the book, named "Love Story", from Sachiko last week. But that was so boring.
Lisa: Really? I heard that's her favorite one.
Kenji: I know. So don't tell her, which I said.


この賢治と理沙が話題に出している共通の言葉が、文中に二つあります。一つは「ラブストーリーという名前の本」、そして「幸子」です。
英語とは、肝心な部分は優先して必ず言わなければならない言語ですが、その他にもいくつか重点的に置いている決まりごとがあり、そのうちの一つが同じ言葉は二度繰り返さないというものです。省略できるものはなるべくする、別の統一した言葉に置き換えられるようであれば、優先してそうする。それが英会話の鉄則の一つです。
幸子は女性なので、一度彼女の名前が出てしまえば、あとは「she」や「her」という言葉に極力置き換えてしまいます。
ラブストーリーという本は、「that」や「it」等の[物]に置き換えられる言葉に変えてしまいます。
同じ言葉を何度も繰り返さない、しつこく会話のキーとなっている名詞/地名/人名等(固有名詞含む)を使いすぎない。これがアメリカ人の好きな英会話です。恐らく沢山の種類の名詞を出されてしまうと、話しているうちに頭が混乱してしまうからだと思います。






個人的な意見ですが、恐らく日本語には多くの比喩表現や擬音語、言葉の言い回しや平仮名/片仮名/漢字など、さまざまな種類の組み合わせから会話が生まれています。丁寧な言葉にすら敬語、尊敬語、謙譲語などに分かれていますしね。
米国英語は、日本語ほど言い回しが豊富ではありません。表現の言葉は日本の考えと大きく違います。例えば、「清潔」と「清らか」の違いを英語で表現しろと言われると、かなり無理をして言葉を選びながら作っていかなければなりません。「風がふわりと舞った」を英語に訳しろと言われれば、とても苦労します。ふわふわでもっちりとしていて中身はサクっと言いながらもクリームがとろりとしていてマッタリ濃厚な味わい・・・というのを英語で言えとなると、無理ですと言ってしまう自分がいます。
日本語はとても比喩的表現や擬音語の多い言語だなと感じます。なので会話の中に同じ名詞を繰り返しても、自然と頭が混乱しないように言葉を使い分けているのではないかなと私は考えます。英語はその点、なるべく簡潔に統一にという部分に重点を置いているような気がするので、いわゆる「場合の表現の違い」ではないかと最近では思っています。



* * * * * *



よく英語のリーディング問題として登場するもので、こういったものがあります。

Administrative Issues (by External Resources)

The administrative side of the relationship with an outside contractor is generally handled by your team's producer or associate producer. The creative direction comes from one of the department heads (the designer, art director, or tech lead). Tight coordination between these two members of your team is necessary to find the best external people for the job and to get the best work from them after they've been hired.


Copyright: PRIMA TECH, (A Division of Prima Publishing) Chapter 9, External Resourcesの文頭一部より引用


Question 1: 上記の例文より、下線部の示すものは次のうちどれか。

a.) The administrative side of the relationship
b.) your team's producer or associate producer
c.) the designer, art director, or tech lead
d.) the best external people for the job and to get the best work from them




* * * * * *



どれが正解か分かりましたか?


* * * * * * * * * * * *




次回のお話は、
I'm fine, thank you. はもう古い
・・・についてです。それではまた〜





| 日本語と英語の違い | - | - | ジロジロ子 |
知らずに使っていた英語と付加疑問
今から約三年半前のこと。
日本に帰国をして初めに就職した職場で、上司に頼まれて少しの間TOEFLの講師をしていた事がありました。勤めていた会社が留学斡旋系だったので、サービス(とは言っても希望制で有料でしたが)の一環として、顧客になったお客様が出発されるまでの間、TOEFLの授業を週一度だけ一時間ほどやっていたのです。
初めは部長が受け持っていた仕事でしたが、人手が足りなくなり私にその役目がまわってきました。
TOEFLなんて数年前にやったきり。それも苦い思い出がありました。出来ればやりたくなかったものの、私がやらなければあとにできる人が誰一人としていなかったので(他の社員達はTOEFLを受けた事がなかったので)、仕方なく部長から受け取ったテキストを開きました。
生徒さん達に教えるということは、まず初めに自分自身が予習をしておかなければなりません。テキストからその日の課題を決めて、人数分をコピーし、先回りして問題を一人黙々と解きました。
特に力をいれてほしいと言われた文法のセクションのみ、合計25問を解き終えて、一人で答え合わせをしてみると、2問ほど間違っていました。こんな状態で、はたしてTOEFLを教える事ができるのだろうか。レッスンの時間まで、あと30分と迫っているのに。
軽いショックを受けながらも、何故間違えたのかと焦りながら解説を読み漁っていた途中、ふと数年前の自分を思い出しました。

私は16歳の時に、生まれて初めてTOEFLという存在を知りました。高校留学の際に必要だったからです。当時私は海外留学など全く興味すらなく、母親が無理矢理海外に行けと勧めてきてこれまた無理矢理アメリカに放り出されたくちだったので、その時は殆ど英語の勉強すらしていなかったのです。その結果、TOEFLのスコアも当時の採点方式で350点いくかいかないかのレベルでした。
高校を卒業してアメリカの大学に行った時に、入学試験として外国人は皆TOEFLを受けさせられたのですが、私の通った大学の入学にあたってのTOEFL合格ラインスコアは500点だったのです。その当時の私は400点前後をいったりきたりするのがやっとのレベルで、500点なんていうハイスコアは夢のまた夢でした。
それでも半年かかってやっとの思いで入学できたわけですけれども、恐らく入学当時の私のTOEFL平均スコアは500いくかいかないかだったと思います。

文法セクションは全部で25問ありましたが、一番出来なかった時は正解率が25問中5問。それが私の当時のレベルでした。
日本に帰国をして就職をして、やっと軌道につき始めたときに部長から頼まれて受け持ったTOEFLの講師。最低スコアをたたき出した頃に比べたら少しはマシになっているかなと思いながら一人で問題集を解くと、文法のセクションでは25問中23問正解。2問も間違えたという事にショックを受けていた自分自身にこそ、酷くショックを受けました。
なんだ、あの頃と比べたらなんとか成長したのではないか。
2問も間違えたとネガティブにならずに、こうやって良い方に解釈する事だってできるんだ。そう思えば思うほど、なんだか自分が昔よりもうんと成長したような気分にすらなりました。
勿論これには自信がつきましたが、決して過信する事はありませんでした。けれども、あれほど英語が出来なかった自分が、ここまで成長したのだというこの結果が、のちにTOEFLを受けに来たお客様達に「今できなくても、数年後の自分に自信をもて」と言う切っ掛けになったのは確かだと思います。

英語のここが分からない・・・と相談に来る人に対して、何故こんな事も分からないのだと野次る事は絶対にしません。何故ならば、自分も出来なかった当時では、恐らく同じような質問を問いかけたであろうから。
出来なかった過去があるから出来ない気持が分かる。どうしたら出来るようになったのか。出来るようになる為に自分はどうやったのか。
そう語れる英語教師が、日本の学校に欲しいなーと思う、今日この頃。





前書き長くなりましてすみません。
今回は気になる英語情報を二点に分けて書いていきたいなと思っております。
まずは一つ目。日本人がよく使っている英語に隠された、ちょっと面白い本来の英語のかたちについて。
なんだか回りくどい言い方ですが、ようするに「和製英語」に少し近い説明になるのかもしれません。
それでは、意外と知らないで使っている英語の代表として、まず初めに「ノート」について語りたいと思います。

ノートは英語で(note)、名詞ですね。会社や学校の授業でもよく使う、おなじみのあのアイテムです。よくありがちな言葉で、「あ、そろそろ購買に行ってノート買ってこないと、もうなくなりそう。」なんていう会話。
noteは正確に訳すと、何かが記述されている紙という意味になります。つまり日記のように文字が書かれていたり、授業内容などを書き込んでいるノート、研究資料などのまとめとして日々書き込んでいるノート、そういった何かが書き込まれた状態のものを通常noteと英語では言います
ではお店などに売っているブランクなノートは一体何て言ったらいいのでしょうか。それは、notebookと言います。

note - 情報等の書かれた紙きれ、メモの記載された用紙 /名詞
notebook - 文字を書くための白紙の本 /名詞

他にもよく日本人が使っている英語で面白いものがあります。意外と知らない人が多いのですが、レッツ・ゴーという英語について。
殆ど方が聞いた事のある言葉だと思います。さあ、行こうという意味ですね。これを英語に直すと以下のようになります。

Let's go.

これ、letの部分にアポストロフィー(')がついていますね。どういう意味だか分かりますか?これは、何かを省略しているマークなのです。(必ずしもそれだけとは限りませんが、今回のはそうです)
では、Let's go.の省略なしの正確な英語はなんなのか、下記の通りです。

Let us go.

let - 〜させる、放っておく / 動詞、助動詞 (意味合いによっては、leaveと同意語でもある)
us - 我々を / 代名詞 (第一人称複数形[we]の目的格)
go - 行く / 動詞

Let's go.というふうにusを省略して使うと「さあ、行きましょう。」という風な言い方になりますが、省略せずにLet us go.として使うと、「行かせてよ。」という風に解放を求めるような言い方にもなります。省略するとしないとで、かなり違う意味にとれますね。そう考えると結構面白いのかもしれません。
そもそも[let + pronoun(代名詞)]で、〜(代名詞)を〜させる・・・という意味になります。例えばLet me see.というのは、「ちょっと私に見せて」という事です。
Let + Pronoun + Verbという形は使い道が結構あって、英語圏の方々もよく会話で使われているので、覚えておくと便利かと思います。



* * * * * * * * * * * *



次に二点目のお話になります。
否定形を使って疑問文を出されたときに、日本人はそれを肯定する事によって相手に賛同するという受け答えをしますが、英会話においてはそれが全く逆の意味になってしまいます。
付加疑問という言葉を恐らく学校の授業などで習った事があるのではないでしょうか。どんなのか忘れてしまった方でも、ああ聞いたことあるぞという人もきっといらっしゃることでしょう。全く聞いた事もないし仮に知っていたとしても、すっかり忘れてしまったという方もいるかもしれませんね。
付加疑問というのは日本語でもよく使われていますが、例題を出すとこういったものになります。

サチコはあなたの友達ですよね?
Sachiko is your friend, isn't she?

上記の場合は恐らく間違わないと思います。答え方は大きく分けて二通りあり、「ええ、そうですよ。」または「いいえ、違います。」ですね。その際の答え方ですが、例文として簡単なものがこうなります。

ええ、そうですよ。
Yes, she is.

いいえ、違います。
No, she is not. (No, she isn't. でも可)


それでは一番間違えやすいもう一つの付加疑問文の例題です。

サチコはあなたの友達ではないよね?
Sachiko is not your friend, is she?

さて、日本語ではどう答えますか?大抵の方は肯定の場合「うん、違うよ。」、そして否定の場合「いや、友達だよ。」と答えるのではないでしょうか。これを英語に直してみると、こうなります。

ええ、違います。
Yes, she is not.

いいえ、そうですよ。
No, she is.

英語にしてみると違和感がありませんか?いつも使っているYes / No文型とはなんだか違いますよね。
そうです、上記の答え方は間違っているのです。
日本語での会話では通用する答え方が、実は英語の場合は全く通用しなくなってしまうのです。
正解は、こうです。

ええ、そうですよ。
Yes, she is.

いいえ、違います。
No, she is not.


大学時代に、同じ日本人の友人と二人で近くのスーパーマーケットに買い物に行った事がありました。当時我々は、支払いはデビットカードを使うのが日常的でした。現金をあまり持ち歩きたくないけれども、クレジットカードを持つほどお金に余裕があるわけではない。そういう場合はデビットカードが一番だったんです。
アメリカの店(特に大きなスーパーマーケット)では、チャージで支払う際にレジに備え付けられている小型機械にカードをスラッシュさせて暗証番号を入力してから支払うというやり方が多いのですが、その支払いの際にキャッシュバック(Cash back)という選択を最後に選ぶ事が出来るのです。これは今買っている商品の支払いに加えてカードの中に入っているお金を同時にいくらか引き出したい場合に使える便利なシステムで、いわゆる商品の支払いをカードで行いながら同時にATMを使って自分の預金から好きな金額を引き下ろせるという事なのです。引き出したい現金限度枠は種類が大体決まっていて、20ドル、40ドル、〜100ドルくらいの単位で選べます。(端数は無理なので切り捨て)
引き出したお金はその場でレジの人から渡されるので、丁度買い物が終わったら銀行かATMに行ってお金をいくらか引き出さないといけなかった・・・なんて人には非常に便利なのです。
友人はその当時、まだあまりそのシステムに慣れていなかったらしく、私が隣で見ながら色々と順番を教えて、ようやくキャッシュバックをするかどうかの選択画面が出てきたわけです。彼女はその当時まだあまり英語が出来ていなかったらしく、画面の英文を理解するのに結構時間がかかっていました。またこちらから説明をしようかと口を開いた時に、彼女はキャッシュバックをするというYESボタンにふれたのです。
特に現金が凄く必要だったわけでもなかったそうですが、ATMとしても使えるのなら少しお金を降ろそうかと、そういった軽い気持だったのだそうです。
丁度彼女がボタンを押したと同じタイミングで、気を利かせてくれたレジのお姉さんが(どうも機械の英語が読めてないのだろうと判断してくれたそうです)「Do you want cash back?」と聞いてきてくれました。焦っていた彼女は咄嗟にその質問を、お金がないなら支払いを止めますか?という風に言ってきているのだろうと解釈してしまったらしく、すぐにNoと返事をしてしまいました。しかしそれは、彼女がキャッシュバックをするというボタンを押した直後の事だったので、レジのお姉さんもどっちなのだろうかと首をかしげながら、次に「O.K. So, you don't need cash back, right?」(では、キャッシュバックはなしでいいですね?)というふうに言ってきました。彼女はその質問に対して、今度はYesと答えました。彼女は焦った結果、訂正するのも面倒になってしまったので、キャッシュバックもなにも必要ないから早く品物を買って帰りたかったらしいのです。
しかし、そうした彼女の心の中を知る由もない店員さんは、いよいよどちらなのかが分からなくなってしまいました。お互いに気持から会話までもが、すれ違ってしまっていたのですから。
友人はとうとう店を出るまで、一体何が問題していたのかを理解出来なかったそうです。

この会話でも、付加疑問文が問題を作ってしまった原因となっていますね。
日本語の付加疑問では、答える側は相手の立場からみての答え方をします。だからこそ「ええ、違います。」だとか「いいえ、そうです。」というような答えが出てくるわけです。しかし英語の場合は、決して相手の立場からではなく、どんな時でも自分の立場からの答え方をします。

にんじんが嫌いでしたよね? - いいえ、嫌いです。
スポーツが苦手なんですってね? - ええ、得意ですよ。


という使い方です。相手の質問がなんであれ、肯定であれば必ず「Yes」で、否定するのであれば「No」で答えるのが英語の決まりごとです。
いつでも自分を中心に考えられるのだから、そう思えばややこしい付加疑問も簡単に思えてきますね。


* * * * * * * * * * * *


今日のおさらい

通常疑問文であれ付加疑問文であれ、英語では肯定する場合はYES、否定する場合はNOで統一する。
付加疑問で問題となるのは、質問者の思い/考えです。質問者があなたに対して「答え」に確信のある疑問詞=付加疑問であり、答えるあなた側は何も変更する必要がありません

Do you speak English?
Yes, I do. / No, I don't.

You speak English, don't you?
Yes, I do. / No, I don't.

You don't speak English, do you?
Yes, I do. / No, I don't.


* * * * * * * * * * * *





次回のお話は、
省略大好き日本人と省略大好きアメリカ人。でもここが違う!
・・・についてです。それではまた〜
| 日本語と英語の違い | - | - | ジロジロ子 |