SO EASY
簡単そうで難しいけれどもきっと楽しい英語の話
PROFILE
CATEGORIES
ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS


10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
初めにこそ覚えなければならないこと
よく英語圏の国に行く時に、片言英語さえ分かっていれば何とかなると思っていませんか?ガイドブック等に載っている英単語や簡単な会話、それから昔学校の英語授業で習った知識を組み合わせて、それで現地に行けば多分大丈夫だと思っていませんか?
文法なんて二の次。一番大事なのは必要な単語を相手に言って、あとはジェスチャーで何とかなる。相手も大体こちらの動きを見て分かってくれる。旅行などの観光目的、あと一ヶ月留学とかそのくらいならこれできっと大丈夫。

そうです、確かに大丈夫でしょう。けれども、文法なんて二の次だと思っている方。それは大きな間違いです。
我々は、日本語を喋る時は勿論、英語を片言で喋る時ですら、知らない間にちゃんと文法を使っているのです。つまり、文法なんて二の次だなんて考えているわりには、文法を一番に考えて文章を作っているわけです。
文法を考えて文章を作ってから喋ると会話が遅くなる、むしろ考えすぎてしまって会話が出来なくなってしまう。そう考える人も多いでしょう。しかしそれは、英文法を難しく考えているからそうなってしまうだけなのです。
そもそも文法を正しく使うのが一番なのですが、完全に正しくなければ相手に伝わらないかというと、実はそうでもありません。ちょっとした間違いが大きなミスになってしまう事もしばしばありますが、大抵の場合は向こうもこちらのミスに気がついてくれます。そして恐らくこう言いたかったのだろうと考えてくれます。
ネイティブの人ですら英文法を間違っている人は結構いますからね。だからそこまで心配しなくても大丈夫です。

英語が分からない人、でも片言くらいなら喋れる人。よくサービス業などをしている方で、お客さんに外国の方がいらしたという経験を持っている方、いるかと思います。私も前に一度だけありました。
向こうは「〜は何処にありますか?」だとか「〜を○個買いたいです」なんて事を言っている場合が多いですよね。そういう時は大抵店員さん達が知っている英語などを頭の中で総動員して考えながら「May I help you?」だとか「Can I help you?」などと片言ながらも頑張って言っている姿を見た事があります。
自信なさげに言っている方も多いですが、上記の二つの英会話はどちらも正しいです。前者の方がかしこまった言い方ですが、後者の方を使っても全く問題ありません。
正しい英語なのだから、自信をもって発言するのがいいと思います。不安そうな言い方は、お客さんも不安になります。

英文法を全く知らないと言っている人でも、上記の二つくらいは知っていた方多いのではないでしょうか。そして、そのくらいなら学校で習ったし知っているよと思った方もいるはず。しかし、文法を全く知らなければ上記の英会話を使うことはできなかったはずです。こんなに簡単な会話でも、勿論ですがちゃんと文法が正しく使われているのです。


May I help you?


Mayというのは助動詞で「〜だろう」という意味の直訳になります。
I はこの場合主語扱いで「私は」という意味ですね。
helpは動詞で「助ける」という意味です。
youは代名詞で「あなたを」という目的語としてこの場合使われています。

Can I help you?も上記と同じような解説になるので説明を省きますが、こうして見てみるとちゃんと英文法が使われているのが分かります。
上記を直訳すると、

〜だろう、私は、助ける、あなたを

という単語の組み合わせで、一つの文にすると

私はあなたを助けるだろう

という風になります。ただしこれだと肯定文としての意味になり、例題は疑問文になっていますよね。なので、疑問文形に置き換えて

私はあなたを助けられますか?

というのが大体の直訳になります。けれどもこれではなんだか会話としてダイレクトすぎる発言ですよね。日本語風にアレンジする必要があるかもしれません。
「May I help you?」の直訳から近いアレンジ文ですが、

何か御用ですか?

というのが自然な流れになるでしょう。
ちなみに疑問文ではなくて肯定文にすると考えると、

I may help you.

になります。これは、「I help you.」の丁寧語になり、同時に「I can help you.」と同じ意味で、やはりこれよりも少し丁寧な言い方になります。
このようにして、肯定文を疑問文に変える/その逆の場合は、動詞または助動詞(今回はhelpが「一般動詞」なので助動詞)を主語の前/後に置き換えるだけなのです。そう考えると簡単ですよね。
分かりやすい例としてよく使われているものが、「do」です。「Do you like 〜?」など使いますよね。この「Do」というのはMayと同じく助動詞(単体では動詞にもなる)の仲間です。

今回の「May I help you?」という文章は、助動詞、主語、動詞、目的語という4つに分かれたものを一つにまとめた文章でした。例題として出しただけですが、このような簡単な文章にもちゃんと文法が働いているのが分かります。
また助動詞にも動詞と同じく過去形や過去分詞が存在します。一般動詞につくのが助動詞の働きですが、それの他にbe動詞という助動詞を一般的には必要としない動詞も存在します。このあたりの話は長くなりそうなので、またいつかお話できればと思います。


* * * * * * * * * * * *


今日のおさらい


I may help you. (肯定文)
May I help you? (疑問文)


I can help you. (肯定文)
Can I help you? (疑問文)


I - 主語
can / may - 助動詞
help - 動詞
you - 目的語

肯定文は原則的に、主語の後に動詞という順番になる。場合によっては助動詞を入れる場合もある。(上記の例題などがそうである)
(マメ知識 ↓)
動詞には一般動詞の他にbe動詞というものも存在する。be動詞には通常助動詞はつかないものだが、beという動詞単体そのものに対しては助動詞が前につくことも多々ある。ex.) might be、 can be等。

ここで一番の問題となるのが、何故助動詞?助動詞ってつけないといけないの?でも、つけないでも一文になるよね。違いはなに?という事だろう。
肯定文においての助動詞をつけるかつけないかの違いは、助動詞というその名の通り「動詞が示す行いに対して更になにかをプラスするかしないか」の差ではないだろうか。助動詞が入らなければ動詞はただの動作や行いを示すだけだし、そこに助動詞が入る事によって更に動詞が何かに変化する。
〜するという動詞が〜できるという意味に変化したり、食べるという動詞が食べる事ができるという意味に変化したりなど、その他色々とある。


疑問文の場合は、原則的に助動詞を主語の前に移動させる。一般動詞(上記の場合はhelpが一般動詞)は普通単独で移動する事が出来ない為、代わりに助動詞を使って主語の前につける(正確には動詞の前についているものを主語の前に移動させている)事で疑問文が成立する。
(マメ知識 ↓)
疑問文において主語の前にもってくるものには助動詞の他にも存在する。Yes / Noで答えることの出来ない問いかけ、例えばWhat / How / Which / Who / When等などは代名詞になって文頭に登場するケースも多々ある。ex.) What is your favorite flower?

結論として、一般動詞は元々足が一本しかない存在で、肯定文の時にはそれでも頑張って一人で立っている事もできるのですが、疑問文などになると一本足のせいで移動する事ができないわけです。そこで助けてくれるもう一本の足というのが助動詞になります。助動詞は一般動詞の代わりになって歩いてあげる事が出来るので、一般動詞はその場を動かずに楽が出来ます。
助動詞は一般動詞にとって、なくてはならない助っ人なのですね。


(更に例題)

You (do) like tempura. (肯定文)
Do you like tempura? (疑問文)

上記の肯定文の場合、「do」をつけると、肯定文を更に強調した言い方になる。
つまり、「てんぷらが(とっても)好きだ。」という意味合いになる。



(ちょっとした一言)

「May I help you?」や「Can I help you?」の言い方に慣れた方に、同じような意味合いで別の言い方もあります。そちらの方がちょっと難しくて上級者向けかもしれませんが、言えたらきっとかっこいいと思いますよ。米国ではお店の店員さんがお客さんがこられた際に、「何かお探しですか?宜しければお手伝いしますよ。」という意味合いで

Hello. What can I do for you?

などと言う時があります。

what - 何を〜 / 代名詞 (単体は形容詞、場合によっては副詞にも変化する)
[副詞の場合、ex.) to what〜等]
can - 〜できる / 助動詞 (日本語でいう「缶」[名詞]も同じスペルなので注意)
I - 私は / 主語 (単体では代名詞扱い)
do - する、行う / 動詞 (この場合は動詞扱い。doは動詞にも助動詞にもなる)
for - 〜の為に / 前置詞
you - あなた / 代名詞 (you自体はI同様で代名詞。今回はS+V文型の後にきているので目的語扱いとなっている)


* * * * * * * * * * * *


それでは今回の最後に、文法を習う上で欠かせないものを下記に一部載せます。どうでもいいと思われがちですが、ひとつだけ。下記の使い道が分からないならば、英語を使うことができないのと同じ。それは日本語でも他の言語でも同じです。
今はまだ使い方が分からないし意味も分からない、それで結構。これからだんだんと覚えていけばいいのです。初めから知っている人などいないですし、またすぐに覚えられるものでもありません。日本に生まれた子供が日本語を片言でも話せるようになるまでどのくらいかかるのか。そう考えてください。
語学を前にして、我々は今、まさにその場所にいるのです。だから知らない事は無知ではなく、恥ずかしいことでもありません。
英語なんて知らない、だからゼロの状態からスタートしているんだ・・・などと考えてはいけません。知らない語学に関しては、いつだってマイナスから始まっているのです。頑張って覚えて人並みに話せるようになって、それでようやくゼロ地点に立てることができるのだと思います。・・・と、母が言っていました。(笑
今日は一つ単語を覚えた、その小さな発見が、数年後に実を結ぶといいですね。そう信じましょう。


主語 - Subject
動詞 - Verb
動名詞 - Gerund (verbal noun)
助動詞 - Auxiliary verb
副詞 - Adverb
名詞 - Noun
代名詞 - Pronoun
形容詞 - Adjective
接続詞 - Conjunction
前置詞 - Preposition
目的語 - Object
冠詞 - Article



よく「S+V文型」などという言葉がありますが、あれは主語の「subject」と動詞の「verb」の頭文字をとった言い方なんですね。これ一つ知っていると、簡単な文章でも沢山の会話が広がりますよ。英会話の基本なんですね。


* * * * * * * * * * * *





次回のお話は、
知らずに使っていた英語と付加疑問
・・・についてです。それではまた〜
| 英文法 | - | - | ジロジロ子 |